1. ホーム
  2. 研究助成

第3回 羽ばたく女性研究者賞 (マリア・スクウォドフスカ=キュリー賞)

■趣旨
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)と駐日ポーランド共和国大使館は、日本の女性研究者のより一層の活躍推進に貢献することを目的に、国際的に活躍が期待される若手女性研究者の取組を表彰する「羽ばたく女性研究者賞(マリア・スクウォドフスカ=キュリー賞)」を2021年に創設しました。

■対象者
2023年4月1日時点で博士学位取得後5年程度まで※の女性研究者(ポスドクを含む)、大学院生(博士後期課程)、およびこれらに相当する方
※ライフイベントなどによる研究活動休止期間を勘案する


■対象期間
2023年10月2日(月)~12月11日(月)日本時間正午まで

■表彰内容
○最優秀賞 1名
 賞金:100万円
 副賞:ポーランドへの渡航・研究機関等を訪問するための滞在費を支弁
    (滞在は2週間程度。渡航は2024年秋を想定)

○奨励賞 2名
 賞金:各50万円

■その他
 選考方法など詳細は添付のちらしをご覧ください。

2023年度 助成に関するご案内

 
 タイトル  対象者  応募期間 検索  奨励金
私学事業団  若手・女性研者奨励金 
 若手研究者(39歳以下)及び
女性研究者

受付終了しました。
 
~2023年10月6日(金) 

 詳細 40万 

2024年度 私学事業団 若手・女性研究者奨励金

■ 趣旨
若手・女性研究者奨励金は、2018年度に創設され、「若手研究者」と「女性研究者」のための「社会一般からの寄附による」研究奨励金制度であり、教育研究に対する社会からの直接の支援を促進し、また、研究者自らの取り組みを社会に還元することで、社会と私立大学等をつなぐ仕組みとなることが期待されています。

■ 対象研究
①若手研究者奨励金…私立大学当に所属する、令和6年4月1日現在で39歳以下(S59年4月2日以降に産まれた者)の助教又はポスト・ドクター(一部の講師を含む)が1人で行う研究
②女性研究者奨励金…私立大学等に所属する、女性の助教又はポスト・ドクター(一部の講師を含む)が1人で行う研究

■ 対象研究期間 
2024年4月1日~2025月3日31日

■ 奨励金交付金額 
1件40万円(総額3000万円以内)

■ 学内選考
原則として1学校につき①、②それぞれ1件となります。
※本学は「若手・女性研究者奨励金寄付金付き自動販売機」を設置しており、①、②のいずれかについて応募枠が2件追加されます。応募者多数の場合は学内選考を行います。

■ 申込〆切
2023年10月6日(金)までに研究推進課(内線2814)に提出ください。

若手・女性研究者奨励金 寄付金付き自動販売機を設置しました

西側通路(3号館⇔6号館)に「若手・女性研究者奨励金寄付金付き自動販売機」を設置しています。
売上の一部が若手・女性研究者奨励金への寄付金となります。また、設置することにより、「奨励金申請枠が1名分追加」・「1年間の寄付金額が一定額を超えた場合、さらに1枠追加」となります。