1. ホーム
  2. スタッフの声

少しでも前向きに取り組めるように。
お一人一人に合わせたリハビリを実施。

理学療法士 /新木 伸芳

大阪医科薬科大学三島南病院デイケアは3名の理学療法士が常駐し、要支援、要介護を問わず個別にリハビリを実施しています。リハビリは長期的な取り組みが必要です。しかし、機能回復のリハビリは実施直後は効果が見えやすい一方、どうしても停滞する時期が来ます。また、今ある能力を維持する場合は、効果そのものを体感するのがさらに難しくなります。その中で、3名の理学療法士だけでなく看護師、介護士などそれぞれの観点から、ご利用者様の情報を共有し、お一人お一人の特性に合わせて生活リハビリを取り入れ少しでも長く前向きに取り組んで頂けるように努めています。
ご利用者様だけでなく、ご家族様の相談にお答えするのも私たちの大切な役割です。ご自宅での生活が少しでも安全に過ごして頂ける様、移動、運動、介助方法など不安なことがあればいつでもアドバイスさせて頂きます。

もしもの急変時も安心。
医療体制が整ったデイケア施設です。

看護師 /片岡 裕美

お一人おひとりに合わせた丁寧なサポートが特徴の当施設ですが、医療のバックアップ体制の充実も大きな魅力だと思います。たとえば入浴、リハビリ、レクリエーションといった活動の可否は、毎日のバイタルサインチェックをもとに看護師が判断、必要時は医師の指示を受けます。服薬管理、喀痰吸引、胃瘻管理といった医療処置も細心の注意を払いながら行い、ご利用者様とご家族に安心してお任せいただける環境づくりに取り組んでいます。
さらにサービス中に急変が起こった場合の対応も万全です。当施設は大阪医科薬科大学三島南病院の敷地内にあり、病院へつながる緊急コールも用意されており、医療スタッフが直ちにかけつける体制もしっかりと整えられています。また、気になる症状があるときにすぐに受診しやすい環境にあります。ご希望に合わせてかかりつけ医師にも、介護支援専門員や他職種と連携を図って、健康面でのサポートを実施しますので、安心してご利用してください。

より良い介護を提供するためには、
信頼関係を築くことから。

介護福祉士 /主任 大三 久美子

お一人一人に合った介護を提供するためには、介護技術を高めることはもちろん、「言葉にされない思いにも耳を傾けること」、「自分だったらこんなときどんな介護をしてほしいかを想像する力」が欠かせません。私たちスタッフは常にその原点に立ち戻りながら、日々の介護に取り組んでいます。
デイケアは身体能力の維持・回復を目指すための場所でもあります。日常生活のお手伝いをすることが介護スタッフの役割ですが、ご自身でできることはできるだけご自身で行っていただいています。その場、そのときの時間や効率だけなら、私たちがお手伝いする方が良い場面もあるかもしれません。しかし、将来を見据えれば、筋肉や関節の可動域を維持するために見守る事も私たちの役割です。ご本人の残存能力を大切にすることを心がけています。
ご利用者様は年齢層の幅が広く、意欲的にリハビリを励んでいらっしゃる方ばかりです。中には私たちが提案しているメニューを次々とこなし、自ら別のリハビリをはじめられる方もいらっしゃいます。とても活発で明るい雰囲気がフロアに漂う当施設へのご来所を心からお待ちしています。

明日もまた来たくなる。
そんなデイケアの現場を目指して。

介護福祉士 / 米田 千恵美

介護の仕事は人と人のお付き合いが基本です。心の距離が埋まらないまま接すると、決して良い介護を提供することはできません。だから、ご利用が決まったら必ずご利用者様の情報が書かれたシートに目を通して「どんなことがお好きか」「どんなお仕事をしてきたか」といった、ひととなりを把握。そして知らないことはきちんと勉強をして、楽しくお話できるように心がけています。
デイケアではリハビリも行うのでただ楽しいだけではいけませんが、楽しくないと続けて通っていただくこともできません。そのためにもレクリエーションの充実に取り組んでいます。「リハビリが面倒くさいから行きたくない」から、「次に行くのが楽しみだな」へ。そんな気持ちになっていただくことも、私たち介護スタッフの大切な仕事のひとつだと考えています。ご利用者様から「ありがとう」と言っていただけると、本当に幸せな気持ちになれます。また、ご自宅まで送迎した際にご家族から「デイケアに通うようになって明るくなった」と言われると本当に嬉しくなります。これからも大阪医科薬科大学三島南病院デイケアへ通所することが、皆さんにとって毎日の快い刺激になれるようにスタッフ一同力を合わせて取り組んできます。