ABOUT

看護部基本方針

きりり 凛々しく 輝く人に

看護部長 中山 サツキ

あなたがなりたいのは、どんな看護師ですか?いえ、あなたがなりたいのは、どんな「人」ですか?
看護師、それは医療のそばで高度な知識と技術を求められる専門職。しかしまた、それと同時に、困っている人、弱っている人を見つめ続ける、どこまでも人としての豊かさを求められる、特別な仕事でもあるのです。

大阪医科薬科大学病院看護部では基本方針に「生命の尊厳を大切にした患者さん中心の看護」を掲げ、いつも患者さんの目線に立ち、思いに寄り添う看護が提供できることを目指しています。しかし、この患者さん中心の看護「Patient Centered Care」は言葉にするのは簡単ですが、 実際に行うのはとても難しいことです。
これを実現するためには、患者さん一人ひとりが何を大切に、どう生きたいと願うのかに関心を持つことが何よりも重要だと思います。 自分の考えや価値観だけでなく、対象となる相手の気持ちに思いを馳せて、看護を考えることで、患者さん中心の看護へ近づくことができるのです。

看護師としての道のりは決して平坦なものではありません。最初の頃は自分ができると思っていたことさえできず、それで落ち込むこともあるかもしれません。
しかし、看護実践や経験を積み重ねることで、必ず道は開かれます。もちろん、サポートしてくれる先輩たちもたくさんいます。新人看護師となる皆さんが、ひとりきりで落ち込まず、先輩とともに学び、仲間たちと力を合わせながら、「きりり、凛々しく、輝く人に」成長していくことを、心から願っています。

看護部基本方針

看護部基本方針

私たちは、生命の尊厳を大切にした患者さん中心の看護を実践します

看護部重点目標

生命の尊厳を大切にした患者中心の看護を実践します

  1. 専門職としての理性・知性・感性を統合させ、患者個々のニーズに応える看護を実践する
  2. 患者・家族の参加を基に信頼を得る安全で効率的・計画的な看護サービスを提供する
  3. 看護の対象を全人的に捉え、健康の保持増進・疾病の予防・リハビリテーションおよび在宅療養に至るまで、一貫した包括的な保健医療サービスを提供する
  4. 社会の医療機関・地域の保健福祉サービス機関と密接な連携を図り、地域医療への貢献と継続看護の充実を図る
  5. 看護の専門性を確立できる倫理性・科学性に基づいた専門職としての資質の向上に努める
  6. 社会のニーズに答える専門職としての能力・豊かな人間性育成のための継続教育の充実を図る
  7. 全ての研修生・学生に対して教育の場の提供と適切な指導を行う

5つの特色

高度先進医療&専門性の高いケアを行える環境を整えています。

  • 1

    高度先進医療

    安全で低侵襲且つ最新・最善の質の高い医療を提供しています。

  • 2

    育成

    個人の能力に応じたOMPUラダーによる教育を行っています。

  • 3

    専門性の高いケア

    7対1看護師配置を堅持し、質の高い、心のこもったベッドサイドケアを提供しています。

  • 4

    ふれあい

    看護フェア、市民公開講座等を開催し、地域の方たちとのふれあいを大切にしています。

  • 5

    楽しみ

    大阪と京都の中間に位置し、どちらも約20分で行けます。

6つの『S』

大阪医科薬科大学病院の看護部が患者さんとの信頼関係を築くために掲げているのは、6つの『S』。

病院長メッセージ

大阪医科薬科大学病院は阪急高槻市駅に隣接し、さらにJR高槻駅から徒歩5分という極めて交通至便の地にあり、北摂地域における地域医療の要であると共に、三島二次医療圏の最後の砦であると自負しています。ここ数年間で病院機能的にも飛躍的に成長し、現在では、850床の病院として31の診療科と14の中央診療部門を2,000人余の病院スタッフが支えています。

2027年に迎える大阪医科大学創立100周年の記念事業として、「超スマート医療を推進する大学病院」を基本方針に掲げた病院新本館の建築がスタートしています。2016年3月、病院西側に「各手術室の主用途に応じた専門性だけではなく高い汎用性を両立する」コンセプトが盛り込まれた「中央手術棟」が竣工しました。中央手術棟は、2階の集中治療室 (16床)、日帰り手術室 (4室)、3階の中央手術室 (16室、ハイブリッド手術室2室、バイオクリーン手術室2室、陰圧室1室を含む)、4階の心臓血管外科・呼吸器外科病棟、5階の一般消化器外科病棟などからなります。一般的な手術室の壁は、真っ白かモスグリーンが多いのですが、本院の手術室は看護師さんの提案で各手術室ごとに風景のパネルが組み込まれています。手術室の床は、眼に優しい色合いが多いのですが、本院の手術室は手術ベッドの周辺だけ、あらゆる微小な針を落としてもわかる色合いにしています。これも看護師さんのアイデアです。現在、TAVI (経カテーテル大動脈弁植え込み術) などのアンギオハイブリッド手術、CTハイブリッド手術やロボット手術など最新技術が導入され、良好な手術成績を上げています。医師・看護師・薬剤師・臨床工学技士・中央材料室・物流・施設・事務によるチーム医療を実践し、24時間断らない中央手術室を運営しています。手術症例数も大幅に増加して、2021年には年間12,363例の手術、6,772例の麻酔科管理症例が施行されています。

2022年7月1日、病院新本館A棟が開院いたしました。最新設備を導入した12 階建てで、その1 階には三次救急機能を有した大阪医科薬科大学病院救命救急センターが新設されました。最上階の12階には先進的な「がん」に特化したがん医療総合センター(化学療法センター・緩和ケアセンター・がん相談支援センター)、がんゲノム医療管理室、遺伝カウンセリング室、プレシジョン・メディスンセンターが配置されています。そのほか、病棟リハが有効な循環器内科・脳神経外科の各病棟内にはリハビリテーション室が設置されています。そして、2025年7月には病院新本館B棟が建築される予定です。

次世代へ夢のある病院建築、100周年事業には、あなたのアイデアが必要です。元気のある看護師さんをお待ちしています。将来、病院新本館で働いてみませんか?

病院長 南 敏明中央手術室

医療提供体制

予防から急性期、慢性期、在宅療養まで。医療提供体制を整備し地域医療の充実に貢献します。

予防医療

大阪医科薬科大学 健康科学クリニック

予防医学中心に人間ドックなどを行っています。

高度急性期・急性期医療

大阪医科薬科大学病院(本院)

低侵襲かつ最新・最善の医療を提供しています。また、周辺の医療機関と連携し、三島医療圏におけるより良い医療を目指します。

急性期・回復期・慢性期医療

大阪医科薬科大学 三島南病院

大阪医科薬科大学病院・地域医療機関と連携したケアミックス型の病院です。

在宅療養(地域医療包括センター)

病気や障がいがあっても、自分らしく、住み慣れた自宅や地域で暮らし続けられるよう、医療と介護が連携して、本人とご家族をサポートしています。

大阪医科薬科大学 訪問看護ステーション

大阪医科薬科大学 訪問看護ステーション三島南
(サテライト)

大阪医科薬科大学 ケアプランセンター

大阪医科薬科大学 三島南病院デイケア
(通所リハビリ)

専門医療

大阪医科薬科大学関西BNCT共同医療センター

次世代のがん治療拠点を大阪医科薬科大学に開設しました。BNCTの専門施設として安全で質の高い医療を提供し、適応がんの拡大などBNCTの普及・発展に取り組んでいます。