1. ホーム
  2. 訪問看護ステーション
  1. ホームページをリニューアルしました

  2. ホームページをリニューアルしました

大阪医科薬科大学
訪問看護ステーション理念

地域のニーズに応える質の高い訪問看護を提供し、
在宅医療を支える良識ある人間性豊かな人材を育成する。

管理者ご挨拶

質の高い訪問看護サービスの提供と在宅療養を支える人材育成をめざして

「大阪医科薬科大学訪問看護ステーション」は、学校法人 大阪医科大学が、地域完結型医療をめざし在宅医療を推進する目的で、2015年1月に開設されました。
 現在、我が国は少子高齢化社会にあり、高齢者の増加や生産世代の減少に伴う医療費や介護費などの社会保障に関連する問題に直面しています。
これからも、国民が適切な医療や介護を受け続けていくことができるようにするためには、医療や介護を受ける側の意識も変えていく必要があります。
これまでは、病気になれば「病院に入院して治療を受け、治ってから家に帰る」という考え方でしたが、今は「病院に入院して治療を受け、通院しながら治す」という考え方に変化してきています。
在宅療養の必要性が高くなるということは、それに従事していく人材がますます必要になるということでもあると考えられます。当ステーションは、大阪医科薬科大学に設置された訪問看護ステーションとして、高度医療を担う大学病院やケアミックス型の三島南病院との人事交流、看護学部の在宅看護学実習や地域の多職種在宅研修等の受け入れを通して、在宅医療を支える人材の育成や資質の向上に努めております。 ステーションの理念である「地域のニーズに応える質の高い訪問看護を提供し、在宅医療を支える良識ある人間性豊かな人材を育成する。」を実現すべく、職員一同努力して参りますので、今後ともよろしくお願いいたします。

大阪医科薬科大学訪問看護ステーション 管理者 林 佳美