病院部門

広域医療連携センター医療連携室 松下早苗(2016年4月入職)

所属部署での業務
私が所属する医療連携室では、他医療機関からいただく「初診紹介患者予約」の対応や、「セカンドオピニオン外来」の運営、大阪医大の患者さんを他医療機関へ紹介する際の「逆紹介・かかりつけ医の紹介」、紹介いただいた先生に当院での治療状況をお伝えする「返書管理」を行っています。
また、「診療科支援」・「活性化対策事業」も担当しており、当院の紹介率アップを目的として医師に同行して医療機関へ訪問を行ったり、“大阪医科大学附属病院連携病院長会” や “内科・外科の会” という院内外の会議運営を行っています。


   


地元に根強く支持されているところに魅力を感じた


入職理由
私は生まれも育ちも大阪府茨木市です。大学時代は実家から京都の大学に通っていたのですが、通学にかなり時間がかかり大変な思いをしました。
そこで就活を始めた際に「地元に就職したい」と感じ、本法人を受けることを決めました。
私の祖父が附属病院に入院していたこともあり、私にとって地元の方々に根強く支持されている本法人で働きたいと感じたことが決め手となりました。

仕事をするうえでのやりがい・嬉しかったエピソード
“紹介医療機関と大阪医科大学病院との連携強化のつどい” という患者さんをご紹介いただく医療機関の方と本学の先生をお招きする会があるのですが、入職一年目でその会議での総合司会を務めました。
そこで院内外の多くの方に名前を覚えていただき、新入職員としてとても恵まれた体験をさせていただけたなと思います。



オリジナリティを追求した
キャリアウーマンになりたい


今後のビジョン
私が入職当時から掲げている目標は、「医療連携室には松下」そして「大阪医大には松下あり!」と言ってもらえるような存在になることです。1人の社会人として埋もれるのではなく、オリジナリティを追求した、そんなキャリアウーマンになるべく日々奮闘しています。個性を大事にし、若手でもどんどん意見を出すことのできる職場なので、若手や先輩たちと力を合わせてもっともっと大阪医大を活性化できたらいいな、と考えています。

学生の方々へメッセージ
今後の人生を急に決めなければならず、とても不安な気持ちのまま就活をされている方も多いと思います。
何をしたいのかわからない…本当にこの会社でいいのか…いろいろ悩みはあると思います。
ですが、それも全部あなたの人生なので、どの道を選んだとしても、自分らしくいることを忘れないでください!

※2018年11月取材時の内容です