病院薬剤部 薬剤課

薬剤師 栗栖章紘(2019年4月入職)

所属部署での業務
本学附属病院薬剤部は計数調剤、注射薬調剤・無菌調製、医薬品情報管理・提供、病棟薬剤業務、医薬品管理などの業務を行っています。
病棟薬剤業務では、医薬品の投薬・注射状況の把握、入院時持参薬の確認、服薬計画の提案、相互作用確認、医療従事者からの相談応需、医薬品の適正な保管・管理、医薬品安全性情報等の把握及び周知などを行います。
私は現在、主に計数調剤、注射薬調剤・無菌調製業務に従事しています。







最先端の技術や専門性の高い知識を習得できる


入職理由
学生の頃から、高度な医療に携わる事で、薬剤師として専門性の高い知識や技術を習得できると思い、大学病院で働きたいと考えていました。そして、本学附属病院の見学会に参加した際、業務のローテーション制を取り入れていると聞き、様々な業務に携われることに魅力を感じました。
他にも、プリセプター制度を取り入れている点も魅力に感じています。先輩薬剤師がマンツーマンで指導してくれるため、困ったことも尋ねやすく、安心して業務を行うことができます。

仕事をするうえでのやりがい・嬉しかったエピソード
他職種と関わることも多く、薬に関する問い合わせに答え、お礼を言われた時は、チーム医療の一員として役に立てたと思い嬉しいです。
また、病院薬剤師は仕事の幅が広く、時間に追われる日々を送っていますが、それ以上にやりがいも大きく、日々自分の成長を実感しています。
本学は教育・研修の体制が整っており、日常業務で生じる課題を発表し、改善策を話し合う場があります。専門・認定薬剤師の資格を取得している先輩も多く在籍しているので、幅広い知識を身につけることができ、今後の学会等でのプレゼンテーションの練習にも繋がるため大変勉強になっています。





やりがいがあり、日々成長を実感できる


今後のビジョン
入職後半年経ち、病棟への配属も決定したので、更なる知識向上のため日々勉強しながら頑張っていきたいです。将来的には専門・認定薬剤師の資格を取得し、より高い専門性を身につけ、患者さんのみならず他の医療従事者から頼りにされる薬剤師になりたいと思います。

学生の方々へメッセージ
将来の進路について悩んでいる方も多いと思います。私も学生時代その一人でした。
私自身多くの病院の説明会や見学会に参加しました。その中で実際に働いている方々とお話しすることにより、職場の雰囲気等を感じることができたので病院を選ぶ際はとても参考になりました。みなさんにも、出来るだけ多くの説明会や見学会に参加して、自分に合った職場選びを行ってほしいと思います。

※2019年9月取材時の内容です

職場風景

  • ミキシング室
  • 薬剤画像鑑査システム
  • 自動錠剤分包機
  • 注射カート室